株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:ヤクルトや旭化成などに注目  9月28日09時07分

週明け27日の米国市場では、NYダウが71.37ドル高の34869.37、ナスダック総合指数が77.73pt安の14969.97、シカゴ日経225先物が大阪日中比25円安の30055円。28日早朝の為替は1ドル=110.90-00円(昨日午後3時は110.61円)。本日の東京市場では、米10年国債利回りが約3カ月ぶりに一時1.5%台へと上昇したことや原油先物価格が3年ぶりの高水準に上昇したことを受けて、三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>、東京海上<8766>、T&Dホールディングス<8795>などの金融株、INPEX<1605>やENEOSHD<5020>などの鉱業、石油関連株に関心が集まりそうだ。また、景気敏感株を中心に買われた米国市場を映して、三井物産<8031>などの商社や資源関連株も堅調に推移することが想定される。1ドル111円付近までの円安進行を背景にトヨタ<7203>をはじめとする大型輸出株もしっかりとした展開となりそうだ。9月中間配当の再投資に伴う先物買いにより、日経平均構成比の大きいファーストリテ<9983>なども大引けにかけて動意付きそうだ。そのほか、昨日大引け後の好業績、利益予想や配当の引き上げを発表した日本特殊陶業<5334>、ハピネット<7552>、群馬銀行<8334>、大垣共立銀行<8361>にも注目したい。なお、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたヤクルト<2267>、旭化成<3407>、クレハ<4023>、OLC<4661>、ダイキン<6367>、日立製<6501>、日本光電工業<6849>、キヤノン<7751>、りそなHD<8308>などにも注目。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »