株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル111円近辺、米上院、つなぎ予算案の審議否決  9月28日09時29分

午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=111円近辺で推移。米国の上院は、連邦政府の債務上限適用を2022年末まで凍結と、政府機関の閉鎖を回避する、つなぎ予算の審議入りを反対多数で否決したとロイターが報じている。

一方、東京株式市場は日経平均が154.34円安と下げ幅を拡大している。北朝鮮のミサイル発射や、米上院で予算関連法案の審議入りが否決され、個人投資家のリスクセンチメントが悪化し、相場の下押し圧力となっているもようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »