株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 ダイキン工業、ヤシマキザイ、アドベンチャーなど  9月28日07時32分

銘柄名<コード>27日終値⇒前日比
神戸物産<3038> 3770 -315
みずほ証券では投資判断格下げ観測。

ヤーマン<6630> 1342 -73
戻りの鈍さを映して手仕舞い売りが優勢に。

スノーピーク<7816> 5490 -300
高値もみ合い下放れで手仕舞い売りが優勢に。

NSユナイテッド海運<9110> 4990 -310
大手海運株の軟調な動きに連れ安。

大紀アルミニウム工業所<5702> 1738 -60
配当予想引き上げで買い一巡後は出尽くし感も優勢に。

ダイキン工業<6367> 25245 -900
マッコーリー証券では投資判断格下げ観測。

日本郵船<9101> 10270 -720
配当権利落ち後を見据えて海運株には売りが優勢。

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> 676.5 +8.2
モルガン・スタンレーMUFG証券では銀行業界の投資判断を引き上げ。

日本航空<9201> 2636 +83
緊急事態宣言解除期待で空運株にも買いが優勢。

日立製作所<6501> 6840 +310
週刊誌の特集記事などを材料視とも。

ヤシマキザイ<7677> 2860 +500
「YAM技術」によるコロナ不活化確認を引き続きはやす。

ニッチツ<7021> 2270 +400
値動きの軽さから短期資金の値幅取りの動き優勢に。

さいか屋<8254> 445 +40
井筒屋の急反発に連れ高する展開へ。

鉄人化計画<2404> 307 +17
アフターコロナ関連が一斉高の流れに乗る。

Jトラスト<8508> 481 +40
先週末に年初来高値更新で上値妙味広がる。

キョウデン<6881> 459 +36
株式新聞で取り上げている。

玉井商船<9127> 2957 -12
海運セクターが軟調な中で逆行高。

ダイトーケミックス<4366> 1371 -117
通期業績上方修正も出尽くし感が優勢に。

ステラファーマ<4888> 608 +65
個人投資家の関心向かう。

トスネット<4754> 972 +15
21年9月期の配当予想を修正、1株当たり配当予想を従来の15円から25円に引き上げ。

ムラキ<7477> 1290 +48
22年3月期の中間配当を5円増額、年間配当は従来の10円から15円に。

ジーダット<3841> 1471 +300
「SX-Meister」の大型案件を受注(金額は約7.9億円、期間は5年間)と公表。

ヤマウホールディングス<5284> 754 +79
上期予想を上方修正、営業利益は0.30億円から3.60億円に引き上げ。

大井電気<6822> 2318 -68
上期予想を下方修正、営業損益は4.70億円の赤字から10.60億円の赤字に引き下げ。

ネオマーケティング<4196> 1996 +40
インティメート・マージャーと提携、Cookieレス対応のターゲティング広告提供。

インティメート・マージャー<7072> 2143 -287
東証が27日売買分から信用取引に関する臨時措置を強化へ。

HANATOUR<6561> 1001 +133
旅行関連に物色散見。

アドベンチャー<6030> 7760 +420
旅行関連に物色散見。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »