株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比25円安の30055円~  9月28日07時36分

ADR(米国預託証券)の日本株は、ソニーG<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、富士通<6702>、エーザイ<4523>、TDK<6762>が軟調。半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、オムロン<6645>が堅調など、対東証比較(1ドル111.01円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円安の30055円。

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は71.37ドル高の34869.37ドル、ナスダックは77.73ポイント安の14969.97で取引を終了した。世界のパンデミックの状況改善で、経済活動再開への期待が強まり、寄り付き後上昇。8月耐久財受注速報値が予想を上回ったほか、金利の上昇や原油高を受け、景気循環株の買いが目立ち、ダウは終日堅調に推移した。一方、金利の上昇でハイテク株は売られ、ナスダック総合指数は下落。

27日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円06銭まで上昇後、110円77銭まで弱含み、111円01銭で引けた。米連邦準備制度理事会(FRB)は近く資産購入額を縮小するとの思惑に加え、米8月耐久財受注速報値は予想を上回り、さらに、原油高や米国債入札を織り込んだ金利上昇に伴うドル買いに拍車がかかった。その後、米9月ダラス連銀製造業活動指数が予想外に悪化したため、ドル買いはやや後退した。ユーロ・ドルは1.1690ドルから1.1709ドルまで上昇し、1.1696ドルで引けた。ドイツ選挙結果で新政権が完全左派寄りに傾斜するリスクは後退したことが相場安定化につながり、ユーロの下値は限定的となった。

NY原油先物11月限は堅調推移(NYMEX原油11月限終値:75.45 ↑1.47)。


■ADR上昇率上位銘柄(27日)
<8306> 三菱UFJ 6.28ドル 697円 (20.5円) +3.03%
<6645> オムロン 103.82ドル 11526円 (266円) +2.36%
<6952> カシオ 174ドル 1932円 (36円) +1.9%
<1812> 鹿島 13.6ドル 1510円 (28円) +1.89%
<8309> 三井トラスト 3.66ドル 4057円 (72円) +1.81%


■ADR下落率上位銘柄(27日)
<7752> リコー 9.79ドル 1087円 (-37円) -3.29%
<8303> 新生銀 3.27ドル 1815円 (-56円) -2.99%
<5201> AGC 10.38ドル 5761円 (-139円) -2.36%
<3401> 帝人 14.21ドル 1577円 (-35円) -2.17%
<7012> 川重 8.98ドル 2492円 (-54円) -2.12%


■その他ADR銘柄(27日)
<1925> 大和ハウス 34.61ドル 3842円 (4円)
<1928> 積水ハウス 21.51ドル 2388円 (-0.5円)
<2503> キリン 18.83ドル 2090円 (1円)
<2802> 味の素 29.86ドル 3315円 (0円)
<3402> 東レ 13ドル 722円 (-3.9円)
<3407> 旭化成 22.27ドル 1236円 (-5円)
<4523> エーザイ 76.52ドル 8494円 (-61円)
<4901> 富士フイルム 88.2ドル 9791円 (-61円)
<4911> 資生堂 70.07ドル 7778円 (22円)
<5108> ブリヂストン 24.21ドル 5375円 (-3円)
<5201> AGC 10.38ドル 5761円 (-139円)
<5802> 住友電 13.87ドル 1540円 (4.5円)
<6301> コマツ 24.55ドル 2725円 (-1.5円)
<6503> 三菱電 28.52ドル 1583円 (2.5円)
<6586> マキタ 60.16ドル 6678円 (18円)
<6645> オムロン 103.82ドル 11526円 (266円)
<6702> 富士通 37.62ドル 20881円 (-104円)
<6723> ルネサス 6.46ドル 1434円 (-18円)
<6758> ソニーG 116.27ドル 12907円 (-58円)
<6762> TDK 112.43ドル 12481円 (-59円)
<6902> デンソー 34.94ドル 7757円 (11円)
<6954> ファナック 22.76ドル 25271円 (16円)
<6988> 日東電 37.13ドル 8244円 (-26円)
<7201> 日産自 10.27ドル 570円 (3.3円)
<7202> いすゞ 13.41ドル 1489円 (-7円)
<7203> トヨタ 186.52ドル 10353円 (23円)
<7267> ホンダ 31.47ドル 3493円 (34円)
<7270> SUBARU 9.39ドル 2085円 (-7.5円)
<7733> オリンパス 22.39ドル 2486円 (-1円)
<7741> HOYA 165.58ドル 18381円 (-79円)
<7751> キヤノン 24.63ドル 2734円 (9.5円)
<7974> 任天堂 60.74ドル 53942円 (-238円)
<8001> 伊藤忠 60.15ドル 3339円 (-6円)
<8002> 丸紅 83.6ドル 928円 (4.2円)
<8031> 三井物 444.24ドル 2466円 (-1円)
<8053> 住友商 14.56ドル 1616円 (2円)
<8267> イオン 26.74ドル 2968円 (-27円)
<8306> 三菱UFJ 6.28ドル 697円 (20.5円)
<8309> 三井トラスト 3.66ドル 4057円 (72円)
<8316> 三井住友 7.48ドル 4152円 (36円)
<8411> みずほFG 3.01ドル 1671円 (18.5円)
<8591> オリックス 98.86ドル 2195円 (14円)
<8604> 野村HD 5.24ドル 582円 (4.2円)
<8766> 東京海上HD 55.65ドル 6178円 (6円)
<8802> 菱地所 16.27ドル 1806円 (0円)
<9202> ANA 5.1ドル 2831円 (-44.5円)
<9432> NTT 28.79ドル 3196円 (-4円)
<9735> セコム 18.68ドル 8295円 (-60円)
<9983> ファーストリテイ 70.99ドル 78806円 (-74円)
<9984> ソフトバンクG 30.02ドル 6665円 (41円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »