株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=続落、米長期金利上昇などを警戒  9月28日11時46分

 28日前引けの日経平均株価は前営業日比100円41銭安の3万139円65銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は6億8991万株、売買代金概算は1兆7534億円。値上がり銘柄数は657、対して値下がり銘柄数は1440、変わらずは89銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は買い手控えムードが強かった。前日の米国株市場では主要株指数が高安まちまちの展開だったが、景気敏感株の一角が買われる一方、ハイテク株には売りが優勢だった。これは米長期金利の上昇が影響しており、東京市場でも半導体製造装置などハイテクセクターは利益確定の売り圧力が強い。また、中国景気減速懸念を背景に海運株への売りも目立った。日経平均は一時200円を超える下げとなったが、前引けにかけて下げ渋った。

 個別では、日本郵船<9101.T>、川崎汽船<9107.T>など売買代金上位の海運株の下げが目立つ。キーエンス<6861.T>が大幅安となったほか、レーザーテック<6920.T>、東京エレクトロン<8035.T>など半導体製造装置関連株の下げも目立つ。任天堂<7974.T>、村田製作所<6981.T>なども売られた。サカイオーベックス<3408.T>、廣済堂<7868.T>も急落した。井筒屋<8260.T>も利食われた。半面、ソフトバンクグループ<9984.T>がしっかり、トヨタ自動車<7203.T>も堅調。ファーストリテイリング<9983.T>も買いが優勢。ジューテックホールディングス<3157.T>が急騰、新日本理化<4406.T>も大商いのなか値を飛ばした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
新日本理化が大幅高で新値街道、水素関連のテーマに乗り業績も14年ぶりの利益水準に
ソフトバンクGは地合い悪に抗して頑強、アリババ株急反騰が刺激材料に◇
東エレクなど半導体関連が安い、米長期金利上昇でハイテクセクターに逆風◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »