株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

バードマンは急落、東証が信用取引に関する臨時措置を強化  9月28日09時32分

 Birdman<7063.T>は急落している。東京証券取引所が27日の取引終了後、同社株の信用取引による新規売り付け及び買い付けにかかる委託保証金率を28日売買分から70%以上(うち現金40%以上)とする臨時措置を発表。また、日本証券金融も同日以降、貸借取引自己取引分および非清算者ごとの清算取次貸借取引自己取引分の貸借担保金率を70%(うち現金40%)にすると発表しており、信用取引の規制強化に伴って、売買の自由度が制限されるとの見方から売られているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
グリーンズが急反落、上場廃止にかかる猶予期間入りを嫌気
ブライダル関連が人気、アフターコロナで収益環境に追い風◇
カイオムが反発、がん治療用候補抗体CBA-1535に関する中国特許査定を取得


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »