株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大垣共立が反発、22年3月期見通し上方修正  9月28日09時50分

 大垣共立銀行<8361.T>が反発。27日の取引終了後、22年3月期業績予想の上方修正を発表。経常収益を1091億円から1105億円(前期比5.1%減)へ、純利益を71億円から103億円(同28.6%増)へ引き上げており、これが好感されているようだ。

 銀行単体において、与信関係費用が当初予想を下回り、一方で国債等債券損益が想定を上回る見込みとなったことなどが要因。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
大垣共立、22年3月期見通し上方修正
宮越HDは大幅続伸、日建設計とコンサルティング業務委託契約を締結へ
東エレクなど半導体関連が安い、米長期金利上昇でハイテクセクターに逆風◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »