株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新日本理化が大幅高で新値街道、水素関連のテーマに乗り業績も14年ぶりの利益水準に  9月28日11時28分

 新日本理化<4406.T>は中低位材料株ならではの強さを発揮、全体相場が下値模索の展開となるなか大幅高で4連騰と新値街道をまい進している。界面活性剤など化学品や医薬中間体を手掛け、EV向け駆動オイルや水素添加技術などでも実績が高く、「脱炭素」のテーマに乗っている。水素は究極のクリーンエネルギーと呼ばれ、日本が強みとする分野でもあるが、同社は高圧水素化をはじめ高度な製造技術を有している。業績も22年3月期は営業利益段階で前期比2.4倍の7億円と急拡大を見込んでおり、2008年3月期以来14年ぶりの利益水準に達する見通し。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ぴあ新値追い、イベント収容人数の制限緩和に期待
INPEXが3カ月ぶり新高値、WTI価格の上昇基調を好感
債券:先物、前場終値は前営業日比13銭安の151円49銭


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »