株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅に3日続落、東エレクが1銘柄で約93円分押し下げ  9月29日12時32分

29日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり18銘柄、値下がり206銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は大幅に3日続落。741.82円安の29442.14円(出来高概算7億4613万株)で前場の取引を終えている。

28日の米国市場でのNYダウは569.38ドル安(-1.63%)と大幅反落。9月消費者信頼感指数が予想外に悪化したことに加え、イエレン財務長官が政府機関閉鎖などのリスクを警告したことで投資家心理が悪化。米長期金利が6月中旬以来となる水準まで上昇したこともあり、ハイテク株を中心に売られ、景気敏感株もエネルギーや金融以外は大きく売られた。急ピッチでの金利上昇が嫌気されたナスダック総合指数は2.82%安、米フィラデルフィア半導体(SOX指数)は3.80%安と特に下げがきつかった。本日の日経平均は、ほぼ全面安となった米国市場の流れを引き継いだほか、9月末の配当権利落ちで180円程の下げも加わり、572.04円安の29611.92円とギャップダウンでスタート。寄り付き直後は29600円前後でのもみ合いが続いていたが、前場中頃からは下げ幅を拡げはじめ、前引け近くには一時825.70円安の29358.26円まで下げる場面があった。

個別では、米ハイテク株安の急落を背景に東エレク<8035>、アドバンテス<6857>などの半導体関連株のほか、ソニーG<6758>、ダイキン<6367>、キーエンス<6861>などの値がさ株を中心に急落しており、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、武田薬<4502>、日立<6501>、リクルートHD<6098>、村田製<6981>、ファナック<6954>など主力株も軒並み大幅に下落している。米長期金利が上昇している中ではあるが、三菱UFJ<8306>などの大手金融株も大幅安に。そのほか、政府が保有する株式の第3次売却を年内実施する方針と伝わった日本郵政<6178>、第1四半期が大幅減益決算となったハニーズHD<2792>などが大幅安となり、今期の成長鈍化見通しや減配計画が嫌気されたヒマラヤ<7514>は下落率2桁台の急落で、公募増資の実施を発表したヒューリック<3003>と共に値下がり率上位に並んだ。

一方、9月末での緊急事態宣言の全面解除が決まり、10月からの行動制限緩和の期待を背景に、エイチ・アイ・エス<9603>やエアトリ<6191>などの旅行関連が大幅高、ANA<9202>などの大手空運株も上昇し、JR東<9020>などの陸運大手、OLC<4661>などのレジャー関連も堅調。前日までの急落が目立っていた海運大手については、日本郵船<9101>が底堅く、川崎汽船<9107>は大幅な上昇となっている。

セクターでは精密機器、電気機器、保険業などが下落率上位となっている一方、空運業、海運業の2業種のみが上昇となっている。東証1部の値下がり銘柄は全体の87%、対して値上がり銘柄は9%となっている。

値上がり寄与トップは日揮HD<1963>となり1銘柄で日経平均を約1円押し上げた。同2位はJR東海<9022>となり、川崎汽船<9107>、JR東<9020>、クラレ<3405>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約93円押し下げた。同2位はダイキン<6367>となり、アドバンテス<6857>、リクルートHD<6098>、ソフトバンクG<9984>などがつづいた。


*11:30現在


日経平均株価  29442.14(-741.82)

値上がり銘柄数  18(寄与度+3.90)
値下がり銘柄数 206(寄与度-745.72)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<1963> 日揮HD          1086           32 +1.15
<9022> JR東海         17325          150 +0.54
<9107> 川崎船          6830          140 +0.50
<9020> JR東日本         7449           84 +0.30
<3405> クラレ          1085           8 +0.29
<7013> IHI            2813           73 +0.26
<5801> 古河電          2509           48 +0.17
<9101> 郵船           9470           40 +0.14
<4004> 昭電工          2738           40 +0.14
<9202> ANA            2872           32 +0.12
<8253> クレセゾン       1485           3 +0.11
<9021> JR西日本         5413           14 +0.05
<8303> 新生銀          1880           13 +0.05
<9501> 東電力HD         344           5 +0.02
<7211> 三菱自           301           5 +0.02
<7003> 三井E&S          516           4 +0.01
<7012> 川重           2603           3 +0.01
<5202> 板硝子           581           1 +0.00

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        51240         -2600 -93.63
<6367> ダイキン        24330         -1085 -39.07
<6857> アドバンテ       10290         -530 -38.17
<6098> リクルートHD      6780         -294 -31.76
<9984> ソフトバンクG     6647         -135 -29.17
<4063> 信越化         19370         -675 -24.31
<6954> ファナック       24715         -615 -22.15
<4543> テルモ          5238         -145 -20.89
<6758> ソニーG         12355         -565 -20.35
<2413> エムスリー       8020         -194 -16.77
<9433> KDDI           3732          -74 -15.99
<6762> TDK            4090         -125 -13.32
<6971> 京セラ          6935         -177 -12.75
<6976> 太陽誘電         6730         -350 -12.60
<7733> オリンパス      2372.5          -86 -12.39
<9983> ファーストリテ    78330         -340 -12.24
<9735> セコム          8049         -334 -12.03
<4519> 中外薬          4092         -101 -10.91
<4568> 第一三共       2931.5         -92.5 -9.99
<7832> バンナムHD       8367         -275 -9.90



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »