株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

テックポイント Research Memo(9):監視カメラ向けCMOSイメージセンサーが2022年以降に量産出荷見込み  9月29日15時19分

■テックポイント・インク<6697>が描く売上高の成長イメージ

研究開発においては、4K解像度対応のカメラ用センサーで、高解像度の防犯カメラなどに使われる製品で自社開発を進めてきた監視カメラ向けCMOSイメージセンサーが2022年以降に量産出荷となる予定だ。音声対応の半導体は、ドアフォン用に開発が進んでいる。音声対応の半導体は、インドなど様々な地域の顧客から期待されている商品であり、車載カメラ分野では、電子ミラーやカーナビのほか、ドライブレコーダーに向けた新商品も順次ラインナップしてくるだろう。

特にCMOSイメージセンサーという、これまでゼロであった事業分野において規模の拡大が見込まれることになる。また、監視カメラのうち、これまではアナログカメラ市場のみを対象にしていたが、CMOSイメージセンサーの投入によって、成長が拡大しているIPカメラ製品にも販売できるようになる。これにより、すべての監視カメラ、監視カメラメーカーが潜在顧客となるためCMOSイメージセンサーが今後同社の成長性を高めることが見込めると弊社では考えている。

なお、同社の描く戦略には、監視(防犯)カメラシステム及び車載カメラシステムの世界市場の高い成長予測が背景にある。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »