株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ジェイリースは逆行高、GMO-GSと提携し電子印鑑を導入◇  9月29日09時31分

 ジェイリース<7187.T>は全体急落相場に逆行し反発している。28日取引終了後、GMOグローバルサイン・ホールディングス<3788.T>が提供する電子契約サービス「電子印鑑 GMOサイン」を導入するとともに、API連携に向けて開発を開始すると発表しており、これが好感されているようだ。

 従来「紙とはんこ」で行っていた社内外の契約業務をオンラインで手続きすることによって、契約相手先企業の利便性向上と同社内の業務効率化を図る。初期段階では、不動産会社や医療機関、アライアンス企業などとの契約書や覚書から導入するという。また、同社が不動産会社や賃貸人に提供するオンラインシステム「TeraWeb」への電子署名機能の実装に向け開発を進めていくとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アイビーシーが大幅反発、ブロックチェーン電子証明システムの米国特許を取得
海運株は切り返しへ、中国景気減速懸念も値ごろ感からの押し目買い◇
タカラスタが大幅反発、リフォーム需要拡大を追い風に今期見通し上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »