株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=大幅安、米株急落受けリスクオフ一色に  9月29日11時46分

 29日前引けの日経平均株価は前営業日比741円82銭安の2万9442円14銭と続急落。前場の東証1部の売買高概算は7億4613万株、売買代金概算は1兆8049億円。値上がり銘柄数は213、対して値下がり銘柄数は1899、変わらずは42銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の欧州株市場が全面安となり、米国株市場でもNYダウ、ナスダック総合指数ともに急落となったことを受け、朝方からリスク回避の売りが集中した。インフレ懸念を背景とした米長期金利の上昇が警戒され、ハイテク株などを中心に下値を売り込まれる展開に。日経平均は一時800円を超える下げをみせた。前引け時点の値下がり銘柄数は東証1部全体の87%を占めるなど売り一色の様相となった。

個別では東京エレクトロン<8035.T>が大幅安、レーザーテック<6920.T>、アドバンテスト<6857.T>など半導体関連が安く、キーエンス<6861.T>の下げも目立つ。ダイキン工業<6367.T>、村田製作所<6981.T>なども値を下げた。ヒマラヤ<7514.T>が値下がり率トップに売られ、ヒューリック<3003.T>も急落。半面、日本郵船<9101.T>、川崎汽船<9107.T>などは買いが優勢。日本航空<9201.T>、ANAホールディングス<9202.T>、エイチ・アイ・エス<9603.T>なども上昇した。アイビーシー<3920.T>、クックパッド<2193.T>は大幅高。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・29日>(前引け)=クリヤマHD、エンビプロ、アイビーシー
ヒマラヤ大幅安、6~8月期経常益80%減や今期5円減配をネガティブ視
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にヒマラヤ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »