株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「ITコンサルティング」が18位、企業のDXニーズ取り込み急成長<注目テーマ>  9月29日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 パワー半導体
2 旅行
3 デジタルトランスフォーメーション
4 半導体
5 海運
6 脱炭素
7 2021年のIPO
8 再生可能エネルギー
9 日経中国関連株50
10 LNG

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「ITコンサルティング」が18位となっている。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が叫ばれて久しいが、コロナ禍でその流れが更に強まった。既にあらゆる分野にこの流れが及んでいるほか、9月のデジタル庁発足によって行政のデジタル化も本格的に動き出し、官民ともに今後いっそう取り組みが加速していくことになる。

 一方で、特に中小・中堅企業を中心にデジタル化に対応できる人材がいない、あるいはIT人材不足による採用難といった問題が立ちはだかり、DX化が思うように進まないケースもある。こうした課題に対して、ITノウハウを軸に事業や業務の変革を提案し実行を支援するITコンサルティング市場が急成長を遂げており、マーケットでの関心も高まりをみせている。

 関連銘柄としては、富士通<6702.T>やNTTデータ<9613.T>、野村総合研究所<4307.T>など大手をはじめ、フューチャー<4722.T>、コムチュア<3844.T>、マネジメントソリューションズ<7033.T>など。また、出世株として投資家の視線を集めるベイカレント・コンサルティング<6532.T>、直近IPO銘柄のシンプレクス・ホールディングス<4373.T>やWACUL<4173.T>、デリバリーコンサルティング<9240.T>、きょう東証マザーズに新規上場したプロジェクトカンパニー<9246.T>にも注目。

 このほか、ULSグループ<3798.T>やサインポスト<3996.T>、エル・ティー・エス<6560.T>、ITbookホールディングス<1447.T>、みらいワークス<6563.T>などをマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
プロカンの初値は3500円、公開価格を32%上回る
プロカンはカイ気配スタート、きょうマザーズ市場に新規上場
29日の主なマーケットイベント


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »