株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東海運は後場プラス圏浮上、上期最終利益予想を4億円へ大幅上方修正  9月29日15時04分

 東海運<9380.T>は後場プラス圏浮上。きょう午後2時ごろ、22年3月期上期(4~9月)の連結最終利益を従来予想の1億6100万円から4億円へ上方修正すると発表しており、これが好材料視されている。

 中国などの持ち分法適用関連会社の業績が予想を大きく上回ったことに伴い、持ち分法投資利益が増加することが寄与する。また、固定資産売却益や受取補償金の発生も利益を押し上げる。併せて、今期の上期配当を従来計画の2円から3円へ増額修正した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日銀為替市況 午後5時時点、111円29~31銭のドル高・円安
日銀為替市況(ドル円・午後5時)
明日の株式相場に向けて=新総裁決定、米国株横にらみに勝機探る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »