株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オークワの8月中間営業利益は計画上振れで着地  9月29日17時08分

 オークワ<8217.T>が29日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(2月21日~8月20日)連結業績について、営業利益が15億5000万円から24億7000万円(前年同期比41.4%減)へ、純利益が9億円から14億4000万円(同39.6%減)へ上振れて着地したようだと発表した。

 売上高は1330億円(同5.1%減)の従来予想を据え置いた。ただ、新型コロナウイルス感染症の影響による内食需要の高まりが継続し、感染予防対策の一環でチラシの自粛などを含めて販管費が抑制されたことが利益を押し上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の為替相場見通し=ECBフォーラムなど注目
ロボペイが高い、インターネット決済代行の成長性など評価 上場2日目
29日中国・上海総合指数=終値3536.2944(-65.9240)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »