株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=I-ne、主力ブランド好調で大幅増益へ  9月29日10時00分

 I-ne<4933.T>は、8月20日安値4300円を起点にした戻り歩調にあるが、好業績期待を背景に上昇継続が期待できる。

 同社は、ヘアケア用品や美容家電、健康食品などのファブレスメーカーで、ヘアケア用品の「ボタニスト」とヘアアイロンの「サロニア」が現在の主力ブランド。このほか、育成中のブランドに禁煙サポート用品「ニコレス」、化粧品「カロミー」、日本コカ・コーラ社との共同出資で展開するリラクゼーションドリンク「チルアウト」などがある。

 上期決算発表時に上方修正した21年12月期連結業績予想は、営業利益20億円(前期比32.2%増)を見込む。配荷店舗拡大などの施策が奏功し、主力ブランド、育成ブランドがともに大幅に伸長する見通しのほか、資材共通化による原価率改善なども寄与する。追加的なプロモーションの強化などを考慮しても大幅増益となる見通しだ。

 ただ、会社側の今期予想は保守的との見方も強く、市場予想平均は22億円と上振れが見込まれている。更に、「ボタニスト」のリニューアルや「ニコレス」の取り扱いコンビニや「チルアウト」の取り扱い自動販売機の増加などの効果が加わる22年12月期も連続増益が期待できる。更に主力ブランドの中国展開も中期成長に寄与しよう。(温羅)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日経レバが急落、米株急落受けた波乱の地合いで売買活発化
VIX短先物が一時10%超高と大幅続伸、米「恐怖指数」は23.25に上昇
クロスマーケは異彩の逆行高で新高値、4年3カ月ぶりの4ケタ大台目前


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »