株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 エアトリ、KNTCT、エイチ・アイ・エスなど  9月30日07時15分

銘柄名<コード>29日終値⇒前日比
レノバ<9519> 4605 -145
自民党総裁選で河野太郎氏劣勢と伝わり下げ幅拡げる。

大阪有機化学工業<4187> 3940 -145
決算発表近くづくなか日米半導体製造装置株の大幅安に連れ安。

ダイキン工業<6367> 24360 -1055
日経平均急落のなか値がさ株は軒並み安、中国売上比率高く中国リスクも重し。

CKD<6407> 2414 -139
特段の材料見当たらないが、
相場急落のなか直近値持ちのよかった銘柄に利食い売り嵩む。

アイビーシー<3920> 931 +51
電子証明システムが米国特許を取得。

クックパッド<2193> 238 +15
特に材料観測されず、安値圏でリバウンドの動きに。

ワタミ<7522> 1108 +82
経済活動再開による収益拡大への期待が継続。

KNTCT<9726> 1819 +119
旅行・観光関連の人気化が継続へ。

エアトリ<6191> 3900 +350
SBI証券では目標株価を引き上げ。

エンビプロHD<5698> 1935 +169
子会社での新工場建設を発表。

ジェイリース<7187> 2165 +110
GMO-GSとAPI連携に向けて開発を開始と発表。

曙ブレーキ工業<7238> 216 +10
特に新規買い材料観測されないが買い戻しなどが優勢か。

国際紙パルプ商事<9274> 394 +12
25日線水準では押し目買いも優勢の流れに。

ダントーHD<5337> 266 +5
28日は乱高下となったがあらためて29日買い優勢に。

コシダカHD<2157> 680 +38
アフターコロナ関連の一角として緊急事態宣言解除後の動向に期待。

新日本理化<4406> 369 +15
28日も一時急伸など水素関連の材料株として関心継続か。

キャリアインデックス<6538> 939 +31
29日の立会外分売実施で今後の需給改善期待も。

エイチ・アイ・エス<9603> 2913 +135
緊急事態宣言解除の正式発表もあり。

サインポスト<3996> 1172 +11
急ピッチの調整一巡感で自律反発の動きに。

ヒマラヤ<7514> 1280 -195
今期収益成長鈍化見通しや減配計画を嫌気。

明和産業<8103> 1060 -97
上半期末配当権利落ちで手仕舞い売りが優勢。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »