株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

中本パックスは朝高後下げに転じる、22年2月期業績予想を上方修正も全般安にツレ安  9月30日10時50分

 中本パックス<7811.T>は朝高後下げに転じる。29日の取引終了後、22年2月期の連結業績予想について、売上高を380億円から395億円(前期比9.6%増)へ、営業利益を18億5700万円から23億3000万円(同35.9%増)へ、純利益を11億3300万円から14億7000万円(同11.8%増)へ上方修正したが、全般安にツレ安する格好となっている。

 上期で売上高が想定を上回ったことに加えて、生産効率向上による原価低減効果が要因としている。また、新型コロナウイルス感染症の影響による営業活動の自粛などにより、経費が圧縮されたことなども寄与する。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
中本パックスが22年2月期業績予想を上方修正
ファナック、SMCなど中国関連株が売られる、中国製造業PMIが50割れ◇
30日中国・上海総合指数=寄り付き3541.9283(+5.6339)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »