株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

高田工が急動意でもみ合い上放れ、パワー半導体やバーチャル分野で材料性豊富  9月30日12時48分

 高田工業所<1966.T>が急動意、一時37円高の713円まで上値を伸ばし600円台後半のもみ合いを上放れてきた。総合プラントメーカーで、鉄鋼、化学、電力のほかエレクトロニクス分野でも実績が高い。パワー半導体関連の一角でもあり、SiCウエハーを高速・高品質に切断できる超音波カッティング装置CSXシリーズを展開している。きょう前場取引終了後に、コロナ禍で大規模な展示会が開催しにくい環境下、PRツールとして「バーチャル展示会」を10月1日から開催することを発表、これも株価の新たな刺激材料となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
レッグスは大幅続落、費用増加が響き21年12月期の利益予想を下方修正
サインポストが急速切り返し、出資先のTTGが東芝テックと資本・業務提携◇
明光ネットは続伸、21年8月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »