株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ベステラ、受注残豊富で下期業績に期待  9月30日10時00分

 ベステラ<1433.T>は各種プラントの解体工事を手掛けており、オリジナルの特許工法や新工法が強みとなっている。

 22年1月期第2四半期累計期間(2~7月)ではスクラップ相場の高騰が追い風となったほか、工事進行基準対象工事の施工が順調に推移したことから、連結経常利益は2億7300万円(前年同期は1700万円)で着地。通期の経常利益予想は前期比2.4倍の5億1800万円と従来計画を据え置いているが、第2四半期末時点の受注残高は前年同期比6.9%増の24億5600万円と豊富で下期業績も期待できそうだ。また、同社は増加する風力発電設備の解体需要に応えるため、他社に先駆けて解体工法を特許として開発し、実証実験を行っていることも注目点となる。

 株価は8月20日につけた年初来安値1356円で底入れ。足もとでは戻り一服となっているが、25日移動平均線と75日移動平均線とのゴールデンクロスが視野に入ってきている。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<09月29日の5日・25日移動平均線ゴールデンクロス銘柄>
KNTCTが7連騰、KDDIと提携しオンラインサービス開始と報じられる
日電硝が急反発、21年12月期業績予想の上方修正と自社株買いを好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »