株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物概況:反落、メルカリなどが下支えし下げ縮小、下髭が継続する底堅い値動き 10月01日16時05分

1日のマザーズ先物は前日比8.0pt安の1107.0ptとなった。なお、高値は1124.0pt、安値は1093.0pt、取引高は4628枚。本日のマザーズ先物は、米国市場やナイトセッションが下落した流れを引き継ぎ、反落でスタートした。現物株の寄り付き後は、時価総額上位のメルカリ<4385>やBASE<4477>が強含みし相場を下支えし、マザーズ先物は一時、9.0pt高まで上昇となる場面があった。しかし、その後は東証1部市場が下げ幅を拡大し、個人投資家のリスクセンチメントが悪化、時価総額上位のGMOフィナンシャルゲート<4051>やHENNGE<4475>などが値を下げて重しとなり、マザーズ先物はマイナスに転じて軟調な値動きとなった。日足チャートでは、上に控える25日線が重しとなっているものの、直近3日は下髭が継続しており、底堅い値動きが継続しているもようだ。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »