株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 エアトリ、コーセー、東日本旅客鉄道など 10月01日07時15分

銘柄名<コード>30日終値⇒前日比
レオクラン<7681> 3210 -230
岸田新総裁誕生で思惑から急騰も急失速の展開。

JR西<9021> 5645 +187
明日からの緊急事態宣言の全面解除を背景に見直し継続、窓埋め意識の展開。

イビデン<4062> 6200 -50
午前大幅安も75日線タッチによる下げ一巡感からリバウンド。

良品計画<7453> 2500 +24
来月半ばの本決算への期待もあり、25日線を意識したトレンド継続。

エアトリ<6191> 4400 +500
「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」参画も伝わる。

ギフティ<4449> 4045 +305
GoToトラベル関連として経済活動再開への期待とも。

日本電気硝子<5214> 2655 +245
今期3度目の上方修正や自社株買いの発表を好感。

ツナグGHD<6551> 345 +25
緊急事態宣言解除によるアルバイト需要の高まりも意識。

サインポスト<3996> 1203 +31
出資先企業が東芝テックと資本・業務提携。

チャームケア<6062> 1798 +117
介護関連にも政策期待が波及か。

KNTCT<9726> 1950 +131
KDDIと提携してオンラインサービス開始。

オープンドア<3926> 2875 +171
旅行関連の一角として引き続き経済活動再開期待。

チェンジ<3962> 2336 +147
政策期待も意識で安値圏での押し目買いか。

塩野義製薬<4507> 7654 +390
コロナ飲み薬の年度内100万人分生産と伝わる。

コーセー<4922> 13380 +720
29日にスモールミーティングを開催のもよう。

パンパシHD<7532> 2318 +134
緊急事態宣言解除後の販売回復期待高まる形で。

JPHD<2749> 301 +20
岸田新首相の政策期待で子育て関連に買いも。

東日本旅客鉄道<9020> 7842 +307
経済活動再開期待で陸運セクターが業種別上昇率トップ。

ワタミ<7522> 1173 +65
経済活動再開期待で買い戻しが優勢に。

グローブライド<7990> 3935 -650
29日に株式分割実施で出尽くし感も強まるか。

井筒屋<8260> 328 -37
地方百貨店株一斉高の流れにも一巡感。

明和産業<8103> 937 -123
上半期配当権利落ち後の手仕舞い売りが継続。

東京エレクトロンデバイス<2760> 7380 -930
業績上方修正で急騰してきた反動強まる。

川崎汽船<9107> 6080 -800
大手海運株からは全般資金流出の流れに。

NSユナイテッド海運<9110> 4115 -540
バルチック指数上昇だが海運株安の流れに押される。

商船三井<9104> 7560 -890
上半期配当権利落ちを挟んで海運株には利食い売りが優勢。

東京電力HD<9501> 320 -33
柏崎刈羽原発の検査期間1年前後と伝わる。

日本郵船<9101> 8450 -890
権利落ち後の押し目買いの動きも続かず。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »