株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

gbHD Research Memo(7):多機能型施設「AIAI PLUS」の新設を加速 10月04日15時07分

■成長戦略

1. 多機能型施設「AIAI PLUS」の新設を加速
保育分野においては、政府による「新子育て安心プラン」や「子ども庁創設プラン」などの後押しがあるものの、待機児童問題の解消が進み、今後は利用者減少によって競争激化や採算性低下も想定されている。

global bridge HOLDINGS<6557>は、待機児童が減少傾向の一方で障害児が増加傾向という市場環境の変化に対応するとともに、ROI(投資収益率)を重視した経営を行うため、多機能型施設「AIAI PLUS」の新設を加速していくこととしている。多機能型施設は認可保育園と同じ建物で運営できるものもあるなど、開設初期費用が少なくROIが高くなる傾向がある。また、認可保育園は4月1日オープンを原則とするが、多機能型施設はオープン時期を自由に設定できるという柔軟性もある。

エルダリーケア事業では、グループ企業ブランドのシナジー効果によって知名度向上を図り、M&Aも視野に入れた展開を検討することとしている。


保育園からEdTech企業へ
2. 保育園からEdTech企業へ
さらなる成長に向けた戦略として「保育園からEdTech企業へ」を掲げている。認可保育園を運営してデータやノウハウを蓄積している強みを生かしてテック事業の拡大を推進する。そして国内の私立認可保育園・私立幼稚園への導入率を、2021年の4%(件数ベースでは750件程度)から、2025年までに20%(同4,200件程度)まで高めることを目指している。


営業損益黒字化達成後は成長加速を期待
3. 収益基盤構築が進展、営業損益黒字化達成後は成長加速を期待
同社は収益基盤構築に向けて直営認可保育園を中心に新規施設の開設を加速してきたため、先行投資で営業損失が継続しているが、開設から3~4年経過した施設の割合が上昇している。そして低年齢クラス(0歳~2歳)の児童が進級を重ねることによって高年齢クラス(3歳~5歳)の在籍数が増加し、在籍率も上昇している。収益基盤構築が進展した形であり、職員配置の適正化なども寄与して営業損益は改善基調である。営業損益黒字化達成時期が接近していると言えるだろう。

営業損益黒字化達成後は、直営認可保育園「AIAI」を安定収益基盤として、利益率の高い多機能型施設「AIAI PLUS」の新設加速、保育園運営支援システムCCSの拡販などで、EdTech企業として成長加速が期待できると弊社では考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)




<AS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »