株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「国土強靱化」が12位、補正予算編成期待で改めて関心<注目テーマ> 10月04日12時21分

★人気テーマ・ベスト10
1 旅行
2 パワー半導体
3 量子コンピューター
4 半導体
5 デジタルトランスフォーメーション
6 LNG
7 脱炭素
8 再生可能エネルギー
9 海運
10 2021年のIPO

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「国土強靱化」が12位となっている。

 甘利明幹事長が3日のNHKの番組で、衆院選後に大規模な補正予算を編成する考えを示した。なかで、新型コロナウイルス対策やデジタルトランスフォーメーション(DX)、脱炭素などとともに国土強靱化に取り組んでいくとした。

 国土強靱化を巡っては、毎年のように相次ぐ自然災害を受けて安倍政権時代から取り組みを積極化させており、昨年末には15兆円規模の5カ年計画が取りまとめられ、風水害への対策や老朽化したインフラの再整備が進められている。まもなく新政権を発足させる岸田文雄自民党新総裁は、経済対策の一つに国土強靱化への投資拡大を掲げており、5カ年計画の事業規模を拡充する方針にあることも伝わっている。

 前週末に台風16号が関東地方に接近したが、9~10月は例年台風や大雨への警戒が叫ばれる時期となるだけに、改めて「国土強靱化」関連株に注目したい。関連銘柄としては、大成建設<1801.T>や大林組<1802.T>など大手ゼネコンをはじめ、ショーボンドホールディングス<1414.T>、ライト工業<1926.T>、ピーエス三菱<1871.T>など。電線地中化関連のイトーヨーギョー<5287.T>のほか、応用地質<9755.T>やE・Jホールディングス<2153.T>などの建設コンサルタント関連株などもマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位に一家HD
午前:債券サマリー 先物は続伸、新発10年債の取引成立せず
東京株式(前引け)=続落、中国リスク意識され朝高後に値を消す


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »