株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 三井ハイテック、TKP、オリエンタルランドなど 10月05日07時32分

銘柄名<コード>4日終値⇒前日比
商船三井<9104> 6970 -540、
海運株からは資金流出の流れが継続。

IDOM<7599> 902 -60
高値もみ合い下放れから追随売りが優勢に。

NSユナイテッド海運<9110> 3725 -245
大手海運株安につれ安する展開へ。

新日本理化<4406> 326 -20
先週につけた長い上ヒゲを意識の展開。

エンビプロ・ホールディングス<5698> 1925 -120
子会社での新工場建設発表などで直近強い動きの反動。

ジェイリース<7187> 2038 -91
高値圏にある中小型の一角には利食い売り圧力強まる。

三井ハイテック<6966> 7170 -450
25日線割れで直近マド埋め意識の動き強まる。

セラク<6199> 2135 -106
全般的なリスク回避の動きが強く反映へ。

グレイステクノロジー<6541> 1045 -55
先週末は岡三証券の新規買い推奨で上昇。

クロス・マーケティンググループ<3675> 823 -35
高値もみ合い下放れへの警戒感強まる。

レーザーテック<6920> 24000 -1310
米国株式市場の時間外下落でグロース株には売り優勢。

オリエンタルランド<4661> 18690 +745
メルクの新薬なども期待でアフターコロナ関連買い優勢。

鉄人化計画<2404> 352 +25
アフターコロナ関連として物色、信用取り組み妙味なども。

大運<9363> 513 -53
海運株安の流れにも引きずられる。

玉井商船<9127> 2098 -136
大手海運株安の流れも重しとなる。

ジー・スリーホールディングス<3647> 450 -32
先週末に大幅上昇した反動も強まる形に。

テイツー<7610> 81 +6
上方修正に加え、6期ぶり復配を材料視。

FRONTEO<2158> 1707 -9
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が同社と日立の協力のもと、
お客さま応対の通話を解析・モニタリングするシステムを導入。

テンダ<4198> 2559 +63
博報堂プロダクツなどと博報堂プロダクツテクノロジーズ東北を設立。

ワークマン<7564> 6300 -530
9月の既存店売上高は前年同月比2.7%増で着地。

ドーン<2303> 2803 +45
いばらき消防指令センターで同社の映像通報システム「Live119」の試行運用開始。

フューチャーリンクネットワーク<9241> 2740 +76
千葉県鎌ケ谷市のほか4市でのふるさと納税支援事業開始。

旅工房<6548> 1474 +10
同社など旅行関連の一角に物色。

ステラファーマ<4888> 686 -2
戻り高値奪還で短期的な利食いも出るが、引き続き関心根強い。

TKP<3479> 1934 +104
アフターコロナ関連として物色か。

ハイアス<6192> 206 -39
直近は荒い値動きが続く。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »