株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数の下げ際立つ、時価総額上位の主力総崩れで4%超の暴落◇ 10月05日10時29分

 東証マザーズ指数の下げが際立っている。きょうは日経平均が一時900円を超える暴落となったが、下落率にすると3.2%程度にとどまっている。対してマザーズ指数は下落率でそれを大きく上回り、4.3%を超える下げとなった。全体相場のリスクオフが加速するなか、マザーズ市場を主戦場とする個人投資家の投げを誘発している。マザーズ指数は前日に大陰線で25日移動平均線と75日移動平均線を下放れており、一段の下値リスクが意識された。きょうはマザーズの時価総額首位であるメルカリ<4385.T>をはじめ、フリー<4478.T>、JMDC<4483.T>、ビジョナル<4194.T>、セーフィー<4375.T>、JTOWER<4485.T>など時価総額上位の銘柄が軒並み大きく下げ、全体相場の下げを増幅させている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東電HDや関西電など電力関連が軒並み高、岸田政権が原発積極活用と報じられる◇
外為サマリー:一時1ドル110円90銭台で推移、日経平均の下落が重荷
キユーピー反落、物流子会社の持ち分法会社化が影響し第3四半期24%減収◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »