株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

第一生命HDが逆行高、米長期金利上昇は収益面で追い風材料 10月05日09時07分

 第一生命ホールディングス<8750.T>は全体波乱相場が続くなか、逆行高で目を引く。米国株市場ではインフレ懸念を背景とする米長期金利の上昇が嫌気されているが、米国事業を手掛ける大手生保にとっては、10年債利回りや30年債利回りの上昇は運用利ザヤの拡大につながるため、収益面でプラス効果がもたらされる材料となる。そうしたなか、モルガンスタンレーMUFG証券が4日付で同社株の投資判断を「イコールウエート」から「オーバーウエート」に引き上げたことも観測されており、これが株価の下支え材料となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
郵船は7日続落、中国リスクで大幅安も目先安値買い狙える水準に
東京株式(寄り付き)=大幅続落、米中リスク背景に下値模索続く
5日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万7960円(-315円)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »