株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=すかいらーく、脱コロナ背景に需給相場の素地 10月05日10時00分

 すかいらーくホールディングス<3197.T>の1600円近辺のもみ合いは買い向かってみたい。ファミリーレストランの最大手で「ガスト」や「夢庵」など低価格帯の商品構成で顧客ニーズに応えている。

 足もとで新型コロナウイルスの感染者数が急減しているほか、9月末で緊急事態宣言が解除されたことで、外食産業は向かい風の強い従来の収益環境が大きく改善に向かうとの期待がある。同社の既存店売上高も10月以降は回復色の強いものとなりそうだ。

 21年12月期営業損益は50億円前後の黒字(前期は230億3100万円の赤字)を見込んでいる。22年12月期業績については、新型コロナ経口薬の普及も見込まれるなか経済活動の正常化が進む見通しにあり、トップラインの急増とともに利益回復も加速する公算が大きい。信用取組は直近の信用倍率が0.93倍と売り買い拮抗、日証金では株不足状態にあり、需給相場の素地がある。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
川口化は大幅続落、第3四半期好決算で期末配当予想を増額修正も材料出尽くし感
リソー教育が3日ぶり反発、3~8月期営業黒字浮上
日経レバ急落、波乱相場を象徴する動きで売買代金は全市場を通じトップ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »