株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

三菱UFJ、第一生命HDなど買われる、米長期金利がフシ目の1.5%台乗せ◇ 10月06日09時23分

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、第一生命ホールディングス<8750.T>がいずれも続伸するなどメガバンクや大手生保への買いが目立つ。ここにきて米国では原油市況の高騰に加え非鉄・穀物など商品市況の上昇を背景にインフレ懸念が高まっており、米長期金利の上昇が顕著となっている。前日の米10年債利回りは終値ベースで1.52%台まで上昇、フシ目の1.5%を再び上回ってきた。これを受けて米国株市場ではゴールドマン・サックス<GS>が3%超の上昇となったほか、シティグループ<C>、JPモルガン<JPM>、バンカメ<BAC>など大手金融株が軒並み買われている。東京市場でも米国事業を展開する大手金融株は運用環境の改善思惑から買いを誘導している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
カワタがカイ気配スタート、全固体リチウムイオン電池の量産化に資する技術開発で一定の評価
アジュバンが大幅3日続伸、メンズ育毛ブランドの販売を開始
フジシール反発、スイス子会社の事業及び不動産を譲渡


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »