株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

篠崎屋が小幅反発、9月既存店売上高4カ月前年下回るも減収率縮小 10月06日11時19分

 篠崎屋<2926.T>は小幅反発している。午前10時ごろに発表した9月度の月次店舗売上高で、既存店売上高が前年同月比0.4%減と4カ月連続で前年実績を下回ったものの、前月の同12.8%減から大きく縮小しており、これが好感されているようだ。なお、全店売上高は同3.1%増と4カ月ぶりにプラスに転じた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アルインコは小安い、原材料価格上昇など響き上期見通し下方修正も通期は据え置き
債券:先物、前場終値は前営業日比10銭安の151円41銭
T-BASEが続落、9月既存店売上高が2カ月連続で前年下回る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »