株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比230円高の28050円~ 10月08日07時50分

ADR(米国預託証券)の日本株は、トヨタ<7203>、ソニーG<6758>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、HOYA<7741>、富士通<6702>、富士フイルム<4901>、資生堂<4911>、セコム<9735>、ANA<9202>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル111.63円換算)で全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比230円高の28050円。

米国株式市場は続伸。ダウ平均は337.95ドル高の34754.94ドル、ナスダックは152.11ポイント高の14654.02で取引を終了した。失業保険申請件数が予想以上に減少したため雇用回復期待に、寄り付き後、上昇。その後、民主党のシューマー上院院内総務は、債務上限問題において12月までの延長で合意したことを明らかにしたため、債務不履行は当面回避できるとの安心感に上げ幅を拡大した。

7日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円32銭から111円65銭まで上昇し、111円63銭で引けた。新規失業保険申請件数は予想以上に減少したほか、連邦債務上限問題で与野党が12月初旬までの暫定的な引き上げで合意し、米国の債務不履行懸念は後退。長期金利の上昇に伴うドル買いや、リスク選好の円売りに拍車がかかった。ユーロ・ドルは1.1548ドルまで下落後、1.1569ドルまで反発し、1.1554ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)専務理事兼首席エコノミストのフィリップ・レーン氏が「インフレ高進は一過性で、危険域からは程遠い」とハト派姿勢を示したため、戻りからはユーロ売り意欲強く上昇も限定的となった。

NY原油先物11月限は反発(NYMEX原油11月限終値:78.30 ↑0.87)。


■ADR上昇率上位銘柄(7日)
<9202> ANA 5.08ドル 2838円 (113.5円) +4.17%
<1801> 大成建 8.41ドル 3755円 (135円) +3.73%
<9984> ソフトバンクG 27.36ドル 6108円 (159円) +2.67%
<6471> 日精工 14ドル 781円 (18円) +2.36%
<7201> 日産自 9.63ドル 537円 (12.3円) +2.34%


■ADR下落率上位銘柄(7日)
<7752> リコー 10.02ドル 1119円 (-24円) -2.1%
<6952> カシオ 143.25ドル 1599円 (-24円) -1.48%
<6479> ミネベア 45.86ドル 2560円 (-31円) -1.2%
<5631> 日製鋼 12.94ドル 2888円 (-1円) -0.03%
<3101> 東洋紡 11.8ドル 1317円 (0円) 0%


■その他ADR銘柄(7日)
<1925> 大和ハウス 32.89ドル 3672円 (51円)
<1928> 積水ハウス 20.91ドル 2334円 (30.5円)
<2503> キリン 19ドル 2121円 (12.5円)
<2802> 味の素 29.2ドル 3260円 (38円)
<3402> 東レ 12.87ドル 718円 (10.6円)
<3407> 旭化成 20.68ドル 1154円 (18円)
<4523> エーザイ 72.29ドル 8070円 (36円)
<4901> 富士フイルム 77.61ドル 8664円 (92円)
<4911> 資生堂 71.04ドル 7930円 (116円)
<5108> ブリヂストン 23.31ドル 5204円 (74円)
<5201> AGC 9.97ドル 5565円 (35円)
<6301> コマツ 24.1ドル 2690円 (53.5円)
<6479> ミネベア 45.86ドル 2560円 (-31円)
<6503> 三菱電 27.17ドル 1516円 (22.5円)
<6586> マキタ 50.12ドル 5595円 (95円)
<6645> オムロン 91.29ドル 10191円 (151円)
<6702> 富士通 34.61ドル 19318円 (138円)
<6723> ルネサス 5.86ドル 1309円 (10円)
<6758> ソニーG 106.08ドル 11842円 (147円)
<6762> TDK 98.22ドル 3655円 (20円)
<6902> デンソー 32.76ドル 7314円 (118円)
<6954> ファナック 20.42ドル 22795円 (370円)
<6988> 日東電 33.51ドル 7481円 (61円)
<7201> 日産自 9.63ドル 537円 (12.3円)
<7202> いすゞ 13.35ドル 1490円 (21円)
<7203> トヨタ 169.47ドル 1892円 (23円)
<7267> ホンダ 30.22ドル 3373円 (41円)
<7270> SUBARU 9.24ドル 2063円 (20.5円)
<7733> オリンパス 20.85ドル 2327円 (20円)
<7741> HOYA 148.47ドル 16574円 (249円)
<7751> キヤノン 23.95ドル 2674円 (47.5円)
<7974> 任天堂 56.65ドル 50591円 (441円)
<8001> 伊藤忠 57.91ドル 3232円 (50円)
<8002> 丸紅 83.38ドル 931円 (14.8円)
<8031> 三井物 447.67ドル 2499円 (42円)
<8053> 住友商 14.2ドル 1585円 (19.5円)
<8267> イオン 23.78ドル 2654円 (43.5円)
<8306> 三菱UFJ 5.88ドル 656円 (5.2円)
<8309> 三井トラスト 3.52ドル 3935円 (76円)
<8316> 三井住友 7.04ドル 3929円 (25円)
<8411> みずほFG 2.85ドル 1591円 (25.5円)
<8591> オリックス 96.22ドル 2148円 (32.5円)
<8604> 野村HD 4.95ドル 553円 (4.9円)
<8766> 東京海上HD 54.79ドル 6116円 (91円)
<8802> 菱地所 15.53ドル 1734円 (24円)
<9202> ANA 5.08ドル 2838円 (113.5円)
<9432> NTT 28.16ドル 3144円 (35円)
<9735> セコム 17.98ドル 8026円 (67円)
<9983> ファーストリテイ 65.02ドル 72582円 (1112円)
<9984> ソフトバンクG 27.36ドル 6108円 (159円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »