株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=WSCOPE、EV市場の拡大追い風に投資回収期入りへ 10月08日10時00分

 ダブル・スコープ<6619.T>に注目したい。同社はリチウムイオン電池セパレーターの専業メーカーで、今後普及が見込まれる電気自動車(EV)市場での活躍が期待されている。

 直近1~6月期は車載用電池や民生ハイエンド電池向けがともに好調で、売上高は8割増と大幅増収。営業利益については中期的な車載用電池の増産に伴う費用増加のほか、生産計画に遅れが出たことなどから赤字を余儀なくされたが、前年同期に比べ赤字幅は大きく改善している。通期は売上高が5割増、営業損益は4期ぶりの黒字転換を見込む。

 株価は、9月に直近高値1044円をつけた後下落に転じたものの、足もと200日移動平均線にサポートされて切り返す展開。今後、投資回収期入りとなれば株価の居所を大きく変える可能性を秘めており、中長期でマークしておきたい。(イ)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
NATTYが続伸、9月既存店売上高は6カ月連続で前年上回る
安田倉が反発、南信貨物自動車を子会社化へ
ブティックス続伸、高知銀行と中小介護事業所向けのM&A分野で業務提携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »