株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ドリコムが続伸、韓国マドルカ社と資本・業務提携 10月11日13時10分

 ドリコム<3793.T>が続伸している。前週末8日の取引終了後、韓国のモバイルゲーム開発会社マドルカ社と資本・業務提携し、モバイルゲームの開発・運用における協業について合意したと発表しており、これが好材料視されている。

 両社は現在、マドルカが開発し、ドリコムが開発協力、国内でのパブリッシングを担当するスマートフォン向けゲーム「ミコノート」の開発を進めており、今回の資本・業務提携は「ミコノート」のグローバルでのヒット確度の向上と、一層の関係強化を目的としたもの。資本面では、ドリコムはマドルカの発行済株式総数の約7%を保有し、モバイルゲームの日本国内外での展開で密に連携するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
フリービットに再評価余地、国内有力証券は目標株価1450円に引き上げ
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にかんなん丸


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »