株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:7&IーHDやマネーフォワードなどに注目 10月12日09時10分

週明け11日の米国市場ではNYダウが250.19ドル安の34496.06、ナスダック総合指数が93.34pt安の14486.20、シカゴ日経225先物が大阪日中比25円安の28475円。12日早朝の為替は1ドル=113.30-40円(昨日午後3時は112.73円)。本日の東京市場では、1ドル113円台への円安進行を好感してトヨタ<7203>、ホンダ<7267>など輸出株に物色が向かいそうだ。また、WTI原油先物が7年ぶりに1バレル82ドル台にまで上昇したことを受けて、INPEX<1605>、石油資源開発<1662>などにも引き続き関心が向かいそうだ。反面、原油高による燃料費高騰の懸念からJAL<9201>や日本郵船<9101>のほか、関西電力<9503>などの電力系、旭化成<3407>などの化学系もさえない動きが想定される。そのほか、昨日大引け後に好決算や業績予想の上方修正を発表した柿安本店<2294>、養命酒製造<2540>、コーエーテクモ<3635>、ローツェ<6323>、SBIHD<8473>などに注目。また、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された7&IーHD<3382>、マネーフォワード<3994>、Sansan<4443>、第一三共<4568>、パナソニック<6752>、大和証G<8601>などにも注目。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »