株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・12日>(前引け)=cotta、Gダイニング、DWTI 10月12日11時34分

 cotta<3359.T>=急伸。11日の取引終了後に発表した9月度の月次業績で、連結売上高が7億3300万円(前年同月比18.4%増)となり、2カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されている。コロナ禍が収束に向かうなか、法人向け売り上げの伸びが顕著となったことが寄与した。

 グローバルダイニング<7625.T>=上値指向継続。全般地合い悪のなか6連騰と気を吐いている。首都圏を中心にイタリア料理などの洋食や和食レストランをチェーン展開している。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に収益面で逆風が強かったが、緊急事態宣言の解除を追い風材料に急速に株価を浮上させている。コロナ禍にあっても原則通常営業を堅持したことでも話題となったが、既存店の売り上げ拡大に加え、一部閉店などによる合理化効果で利益率が改善していることも収益回復を早めている。株式需給面では空売りが溜まっており、日証金では貸借倍率が0.06倍と大幅売り長の状態にある。

 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所<4576.T>=大底圏離脱の動き。株価は今月7日に231円の年初来安値を形成するなど大底圏にあるが、切り返しの初動に入った。同社は三重大学発の創薬ベンチャーで、細胞内の情報伝達物質に着目し眼病治療薬開発に傾注している。11日取引終了後に21年12月期業績予想の上方修正を発表、売上高は従来予想の3億4000万円から4億円(前期比13%増)に増額し、営業損益は5億8000万円の赤字から2億9000万円の赤字(前期は2億6500万円の赤字)に損失幅が縮小する見通しとなった。また同日、カナダで眼科手術補助剤「DW-1002」の販売が開始されたことも併せて発表しており、これが株価を強く刺激している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
cottaが急伸、9月売上高は18%増
Gダイニングが地合い悪のなか6連騰、コロナ収束で追い風強まり株式需給面の思惑も
DWTIが急動意、業績上方修正と眼科手術補助剤のカナダでの販売開始を材料視


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »