株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

スタ・アリスは8日続落、上期営業利益は大幅黒字転換も材料出尽くし感 10月12日10時12分

 スタジオアリス<2305.T>は8日続落している。11日の取引終了後に発表した第2四半期累計(3~8月)連結決算は、売上高175億5900万円(前年同期比28.8%増)、営業利益16億2400万円(前年同期5億6400万円の赤字)、最終利益8億4900万円(同9億8000万円の赤字)と営業損益が大幅に黒字転換し、これを受けて朝方は高く始まったものの、その後は材料出尽くし感からマイナスに転じている。

 前年同期は新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的とした緊急事態宣言の発出に伴う全店舗の臨時休業があったものの、今期は臨時休業が一部地域の店舗に限られたことや、営業可能店舗で七五三撮影や成人式撮影・振袖レンタルサービス「ふりホ」の予約獲得、前撮り撮影に注力したことが寄与した。

 なお、22年2月期通期業績予想は、売上高424億6000万円(前期比16.8%増)、営業利益50億円(同5.7%増)、最終利益26億5000万円(同8.9%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
スタ・アリスの8月中間期営業利益は大幅黒字転換
三菱商が1カ月ぶり年初来高値更新、08年リーマン・ショック前の最高値も視野
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »