株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

T&Sが21年11月期業績予想を上方修正◇ 10月15日17時48分

 ティアンドエス<4055.T>がこの日の取引終了後、21年11月期の単独業績予想について、売上高を24億6400万円から27億2000万円(前期比20.0%増)へ、営業利益を3億2200万円から4億500万円(同33.0%増)へ、純利益を2億2900万円から2億8700万円(同21.9%増)へ上方修正した。

 ソリューションカテゴリーで主要取引先であるキオクシア(東京都港区)から工場内システムの開発に関する大型案件を受注したことや、半導体カテゴリーで半導体工場の保守・運用サービスにかかる派遣エンジニアの増員が順調に進んだことが要因。また、先進技術ソリューションカテゴリーで、前期から始まったNEC<6701.T>との取引が拡大していることや新規取引先の開拓が進んだことも貢献する。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(20年12月~21年8月)決算は、売上高19億7500万円(前年同期比19.6%増)、営業利益2億7800万円(同28.9%増)、純利益1億9900万円(同34.0%増)だった。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
CSランバーが上期業績及び配当予想を上方修正
<個人投資家の予想> 10月15日 17時
15日香港・ハンセン指数=終値25330.96(+368.37)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »