株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY金:下落、株高や米長期金利の反発を意識した売りが入る 10月16日07時13分

COMEX金12月限終値:1768.30 ↓29.60

15日のNY金先物12月限は、下落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、前営業日比-29.60ドルの1768.30ドルで通常取引終了。時間外取引を含めた取引レンジは1765.10ドル-1797.70ドル。アジア市場における取引開始後に1797.90ドルまで買われたが、株高を意識した売りが入ったことで伸び悩んだ。ニューヨーク市場の序盤にかけて1765.10ドルまで下落。株高や米長期金利の反発を意識して上値の重さは払しょくされず、通常取引終了後の時間外取引では1770ドルを下回る水準で推移した。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »