株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

クリヤマHDは反落、21年12月期業績予想を上方修正も材料出尽くし感 10月18日14時04分

 クリヤマホールディングス<3355.T>は朝高スタートもマイナスに転じている。前週末15日の取引終了後、21年12月期の連結業績予想について、売上高を520億円から585億円(前期比17.1%増)へ、営業利益を28億円から38億円(同31.1%増)へ、純利益を17億円から34億円(同2.4倍)へ上方修正したことが好感され朝高でスタートしたが、その後は材料出尽くしとみた売りに押される展開となっている。

 アジア事業で尿素水識別センサー及び尿素SCR用モジュール・タンクの販売が好調に推移する見通しのほか、北米の外食産業向け飲料用ホースや住宅外壁塗装用「ペイントスプレーホース」、屋外プール用「Spaホース」などの販売が計画を上回る見通しであることが要因。また、欧州事業で前期に実施した減損処理及び固定費削減により収益性が改善されていることも寄与する。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
PCNETが一時S安、6~8月期営業減益がネガティブサプライズに
戸田建が後場プラス浮上、22年3月期上期利益予想を上方修正
明豊ファシリが続伸、社会的なCMへの期待の高まり受け上期業績は計画上振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »