株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米SEC、米国初のビットコイン先物ETFを承認【フィスコ・ビットコインニュース】 10月18日14時07分

米SEC(証券取引委員会)は15日、ビットコイン先物ETFの申請を承認したことを明らかにした。

米資産運用会社のProSharesの「ProShares Bitcoin Strategy ETF」が承認され、米国で初めてビットコインETFが承認されることとなった。上場先はニューヨーク証券取引所のArcaで、18日に正式にローンチする予定だという。また、ブルームバーグのアナリストのジェームス・セイファート氏によると、ティッカーシンボルは「BITO」になるという。

ビットコイン先物ETFは、ビットコインの現物価格に直接連動するものではなく、ビットコインの先物価格に連動するETFである。SECのゲンスラー委員長はこれまでに、投資家保護の観点においてビットコイン先物ETFは現物ETFよりも優位であると考えを示していた。

また、Valkyrieのビットコイン先物ETFも承認される見込みだと明らかになっている。ただ、これらは先物ベースのETFであり、これまで米国で申請されてきたビットコイン現物ETFとは異なるものである。ひとまず米国初のビットコインETFが承認されたことは、暗号市産業界にとってポジティブに捉えられるが、今後はビットコイン現物ETFが承認されるかに注目が集まっていくだろう。

ビットコイン先物ETFの申請が承認されたことを受けビットコイン価格は一時710万円まで急騰した。現在のビットコイン価格は700万円台で推移しているが、一部の暗号資産投資家にはビットコインETFの事実売りへの警戒感が広がっているようだ。



<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »