株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

明日の株式相場に向けて=2万9500円は「壁」となるか 10月20日17時09分

 20日の東京株式市場は、朝方に日経平均株価が一時270円を超す上昇となったものの買い一巡後は伸び悩み結局、前日比40円高で取引を終えた。

 とりわけ日経平均株価は2万9489円まで上昇したが、2万9500円にはわずかに届かず失速した。9月高値から10月安値までの下げの3分の2戻しは、2万9620円前後の水準にある。足もとでの急激な戻りは、利益確定売りを誘いやすいだけに心理的抵抗線ともなる2万9500円は「壁」として意識されやすい水準だ。6月も2万9480円で当面の高値をつけた水準でもある。

 ただ、米国ではNYダウが最高値に接近しており、恐怖指数と呼ばれるVIX指数は15まで低下している。東京市場も足踏みがあったとしても、調整は一時的で近く2万9500円を抜く展開は見込めるだろう。

 日本企業の決算発表は26日の日本電産<6594.T>からが本番だが、まずは米国企業決算が相場の材料として浮上する。今晩はオランダのASMLホールディングADR<ASML>のほか、テスラ<TSLA>が決算発表を行う。また、26日のマイクロソフト<MSFT>、そして28日のアマゾン<AMZN>、アップル<AAPL>と続く。NYダウ最高値更新とともに日経平均株価も上昇基調を強めよう。

 個別銘柄では、原油などエネルギー価格が上昇するなか、INPEX<1605.T>や出光興産<5019.T>、非鉄では住友金属鉱山<5713.T>のほか大平洋金属<5541.T>や日鉄鉱業<1515.T>などもマークしたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(大引け)=40円高と小幅続伸、買い一巡後伸び悩む
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価はやや上昇幅拡大
「亜鉛」が11位、14年ぶり高値更新で脚光<注目テーマ>


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »