株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

注目銘柄ダイジェスト(前場):アールプランナー、サインポスト、コアなど 10月21日12時00分

ブイキューブ<3681>:1766円(+151円)
大幅続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を新規に「バイ」、目標株価を3300円としている。イベントDX事業とサードプレイス DX事業を中心とする中期的利益拡大ポテンシャルに注目、株価は上場来高値の半値以下となっており、買いの好機と判断しているようだ。同社事業における成長はコロナ後も続くと考えており、22年12月期営業利益は45.8%増益、23年12月期も28.6%増益を予想している。


レンティア<7081>:1814円(+144円)
年初来高値。新たに株主優待制度を導入すると発表している。「コーユーレンティア・プレミアム優待倶楽部」を新設し、毎年12月末現在の株主を対象に保有株数や保有期間に応じて株主優待ポイントを贈呈する。ポイントを使って特設サイトに掲載されている2000種類以上の商品から好みの商品を選べるほか、共通株主優待コイン「WILLsCoin」との交換が可能。保有初年度の優待ポイントは、300-399株で3000ポイント(3000円相当)。


タカノ<7885>:780円(+42円)
前日比変わらずを挟んで大幅反発。前日に業績予想の上方修正を発表、上半期営業損益は従来予想の1.4億円の赤字から1.5億円の黒字に、通期では4.4億円から5.5億円に引き上げ。オフィス家具需要が底堅い推移のほかに個室空間製品の販売も好調、また、半導体製造装置業界の活況が続いていることも追い風に。第1四半期から黒字化しており、業績上振れは想定されていたとみられるが、修正幅は想定以上との評価になっている。


コア<2359>:1674円(+150円)
大幅続伸。前日に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来の7.5億円から10.3億円、前年同期比45.3%増に増額している。ソリューションビジネスにおいては公共及びエネルギーが好調に推移し、SIビジネスにおいては生命保険やクレジットなど金融分野が伸長のもよう。足元での想定以上の収益拡大を受けて、据え置きの通期予想上振れも意識される状況となっているようだ。


川本産業<3604>:928円 カ -
ストップ高買い気配。前日に業績予想の上方修正を発表。上半期営業利益は従来の2.8億円から3.5億円、前年同期比56.0%減に、通期では8億円から8.2億円、前期比37.2%減に引き上げ。コンシューマ事業のカタログ通信販売及びネット通信販売事業者に対する感染管理製品の売上が計画を上回っているもよう。コロナ対応製品の需要急減に伴う業績大幅反落懸念で株価の低迷が続いていた中、リバウンドの手掛かり材料とされる形に。


サインポスト<3996>:1668円(+300円)
ストップ高。日本郵政グループとファミリーマートが全国の郵便局内に無人決済のコンビニエンスストアを設置すると報じられている。消費者の利便性を高めて郵便局の集客力向上につなげる方針のようだ。郵便局は全国約2.4万局とセブンイレブンの店舗数を上回る規模となっている。同社関連会社がファミリーマートの無人決済店向けシステムを担当していることで、思惑買いが先行する形になっているようだ。


フルッタ<2586>:168円(+9円)
大幅に反発。11月16日午前11時からメディア向けWEB説明会を開催すると発表し、期待が広がっている。内容はトロント大学との共同研究やアサイーの造血機能性に関する研究のほか、中期事業5カ年計画。フルッタフルッタは9月14日、新型コロナウイルスが引き起こすサイトカインストームに対する抗炎症に関するトロント大学との共同研究や独自の造血機能性研究に関する取り組みについて発表すると予告していた。


アールプランナー<2983>:5430円(+700円)
ストップ高。注文住宅ブランド「Fの家」が日本デザイン振興会が主催する21年度グッドデザイン賞を受賞したと発表している。受賞に合わせ、紹介サイトをリニューアルした。受賞とサイトリニューアルでブランド価値が高まるとの期待から買われているようだ。また、アールプランナー株は18日に直近高値(4950円)を付けた後は値を下げており、押し目買いも入っているとみられる。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »