株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は3日ぶり大幅反落、後場値を崩し500円超安、レーザーテックなど急落 10月21日15時56分

日経平均は3日ぶり大幅反落。20日の米国市場でNYダウは続伸し、152ドル高となった。ただ、長期金利の上昇でハイテク株比率の高いナスダック総合指数は小幅反落。
半導体製造装置のオランダASMLは決算を受けて売られた。本日の東京市場でも値がさの半導体関連株を中心に売りが先行し、日経平均は102円安からスタート。前場は下げ渋る場面も見られたが、後場になると香港ハンセン指数や時間外取引のNYダウ先物の軟調推移、円相場の上昇などで値を崩し、一時28688.78円(前日比566.77円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比546.97円安の28708.58円となった。東証1部の売買高は10億
4191万株、売買代金は2兆4488億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、空運業、精密機器、電気機器、輸送用機器、海運業が下落率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の82%、対して値上がり銘柄は15%となった。

個別では、半導体株安の流れからレーザーテック<6920>が7%下落し、東エレク<8035>
は4%超の下落となった。その他売買代金上位もソフトバンクG<9984>、郵船<9101>、ファーストリテ<9983>、トヨタ自<7203>など全般軟調。カカクコム<2371>は業績下方修正、オムロン<6645>やマツキヨココ<3088>は一部証券会社の投資判断引き下げを受けて売りが出た。また、シンプレクスHD<4373>やクリレスHD<3387>が東証1部下落率上位に顔を出した。一方、KDDI<9433>は堅調で、ベイカレント<6532>や富士フイルム<4901>は伸び悩みつつもプラス圏で取引を終えた。ブイキューブ<3681>は投資判断の新規付与観測で急伸。また、無人決済のコンビニエンスストアに関する報道でサインポスト<3996>に思惑買いが入り、ストップ高を付けた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »