株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

クリレスHD Research Memo(6):ポートフォリオ見直しやグループ連邦経営の進化などで持続的な成長目指す 10月22日15時16分

■今後の方向性

クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>は2021年7月14日付けで3ヶ年の中期経営計画を公表した。コロナ禍をきっかけとした環境変化を踏まえ、1)アフターコロナを見据えたポートフォリオの見直し、2)グループ連邦経営の更なる進化、3)DX推進による生産性の向上・人財不足への対応、を成長戦略の3本の柱に位置付け、「食を通じて、ステークホルダーに対し、『豊かさ』を提供し続ける企業グループ」を目指していく方向性である。最終年度である2024年2月期の業績目標として、売上収益141,500百万円、営業利益10,800百万円、調整後EBITDA 28,700百万円を掲げており、実現すればコロナ禍前の過去最高を超える水準(とりわけ利益率は大幅な改善)へ到達する計画となっている。今期(2022年2月期)は基礎収益力強化期間として基盤整備に注力するものの、来期(2023年2月期)からは30店舗の新規出店等により、成長軌道に回帰させるシナリオを描いている。


■株主還元

業績の回復が着実なものになりつつあることから復配を決定。2022年2月期の年間配当額は1株当たり4.5円を予定
2022年2月期の配当については、業績の回復が着実なものになりつつあることから復配を決定し、年間配当額として1株当たり4.5円(中間1.5円、期末3.0円)を予定している。また、株主優待制度(同社グループ店舗にて利用可能な優待券)についても、重要な株主還元策と位置付けており、今後も継続していく方針である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)



<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »