株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

DNAチップが3日ぶりに反落、上期営業損益は1億3200万円の赤字 10月22日10時56分

 DNAチップ研究所<2397.T>が3日ぶりに反落。同社は21日取引終了後、22年3月期第2四半期累計(4~9月)の売上高が1億1400万円(前年同期比37.2%増)、営業損益が1億3200万円の赤字(前年同期は1億2900万円の赤字)、純損益が1億3200万円の赤字(同1億3000万円の赤字)で着地したと発表したが、売上高は前年同期を上回ったものの、利益面では改善がみられていないことが嫌気されているようだ。

 売上高の伸びに関しては、研究事業でマイクロアレイ受託解析サービス並びに次世代シークエンス受託解析サービスが伸び、同事業の売上高が1億600万円(前年同期比31.5%増)となったこと、及び診断事業においてMammaPrintの販売拡大が奏功し、同事業の売上高が700万円(同4.5倍)となったことが寄与したとしている。

 なお、22年3月期通期の売上高3億5000万円(前期比7.9%増)、営業損益1億9800万円の赤字(前期は1億7200万円の赤字)、純損益1億7200万円の赤字(同1億7200万円の赤字)の見通しは据え置いた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
MTGが高い、子会社の第三者割当増資による資金調達方針を決議
エイトレッドが続落、上期営業利益42%増も上方修正なく失望売り
日本郵政が商い伴い5日続落、売り出し価格決定期間入り控え神経質な展開


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »