株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

GMO-GSが反発、「電子印鑑GMOサイン」が「記名押印に代わる有効な電子署名」として適法性確認 10月22日12時56分

 GMOグローバルサイン・ホールディングス<3788.T>が3日ぶりに反発している。この日午前中、「電子印鑑GMOサイン」が「記名押印に代わる有効な電子署名」として、デジタル庁・法務省・財務省から適法性を確認したと発表しており、これが好材料視されている。

 グレーゾーン解消制度において照会を行い、デジタル庁・法務省・財務省より得た回答により、立会人型・当事者型署名が記名押印に代わる有効な電子署名として適法性を確認した。「電子印鑑GMOサイン」はこれまで、全国の31万社・84自治体のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を行ってきたが、今回の適法性確認により、更に官公庁や自治体をはじめとする利用層の拡大につながると期待されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」5位に三井松島HD
明星工が年初来安値更新、大口案件の工事進捗が想定下回り上期業績は計画下振れ
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は上昇幅拡大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »