株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米国株見通し:上げ渋りか、金融引き締めに思惑も 10月25日15時13分

(14時50分現在)

S&P500先物      4,541.00(+4.50)
ナスダック100先物  15,357.00(+16.00)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅高。NYダウ先物は20ドル高、NY原油先物(WTI)は強含み、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。


22日の主要3指数はまちまち。S&Pとナスダックは下げたが、ダウは73ドル高の35677ドルと、2カ月超ぶりに最高値を更新した。企業決算で好業績を好感した買いが続いており、投資家心理は良好。ただ、この日発表されたPMIはサービス部門が予想を上回った半面、製造業は伸びが鈍化し、強弱まちまちのため積極的な買いは抑制された。また、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を受け、引き締めが意識された。


本日は上げ渋りか。フェイスブックを始め今週はグーグル(アルファベット)やツイッターなど主力ハイテク企業の決算発表が予定されており、好業績期待の買いが入りやすい展開となりそうだ。また、原油相場は再び上昇基調に振れ、エネルギー関連が注目される。ただ、FRBが11月2-3日に開催する連邦公開市場委員会(FOMC)で緩和縮小に舵を切るとの思惑から長期金利は下げづらく、ハイテク関連への買いは抑制される可能性もあろう。





<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »