株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

(中国)上海総合指数は0.23%安でスタート、不動産税の導入観測などを警戒 10月25日11時03分

25日の上海総合指数は売り先行。前日比0.23%安の3574.26ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時55分現在、0.07%安の3580.06ptで推移している。個人向け「不動産税(固定資産税に相当)」を試験的に導入するとの政府方針が警戒されているもようだ。また、インフレ加速懸念なども引き続き圧迫材料。一方、企業決算に対する期待感の高まりが指数をサポートしている。





<AN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »