株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

宇部興は続落、22年3月期営業利益予想を上方修正も材料出尽くし感 10月25日11時00分

 宇部興産<4208.T>が続落している。前週末22日の取引終了後、22年3月期の連結業績予想について、純利益を210億円から195億円(前期比15.0%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 セメント販売・物流のコストアップやセメント事業の統合に伴う準備費用の増加などで持ち分法投資損益の悪化が見込まれることが要因という。一方、ナイロンや合成ゴムなど化学品の需要が堅調なことに加えて、石炭価格上昇の影響などにより、売上高は5700億円から6350億円(同3.4%増)へ、営業利益は370億円から390億円(同50.6%増)へ上方修正した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京製鉄が急伸、22年3月期業績及び配当予想を上方修正
ETS・HDが5日ぶり反発、大阪市立大学発ベンチャーのSIRCへ出資
ヤマトが一時14%高、工事採算性向上で上期業績は計画を上回る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »