株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

キヤノンMJが21年12月期純利益予想を上方修正 10月25日16時33分

 キヤノンマーケティングジャパン<8060.T>が取引終了後、21年12月期売上高は5670億円から5580億円(前期比2.4%増)へ当初計画を下回る見込みであるものの、営業利益350億円(同11.8%増)の見通しを据え置き、純利益については242億円から255億円(同15.9%増)へ上回る見通しであると発表した。

 オフィス用複合機(MFP)を中心とした製品の供給不足などにより、売上高は当初計画に届かない見込みとなった。一方で、高付加価値製品やサービスの売上構成比を高めることによる売上総利益率の向上、販売管理費の削減に努めることで、営業利益は前回公表値を据え置いた。また、投資有価証券を売却したことなどにより、純利益は当初計画を上回る見込みとなった。

 あわせて、21年12月期第3四半期(1~9月)売上高は3981億9500万円(前年同期比1.3%増)、営業利益は266億6100万円(同30.8%増)、純利益は202億7400万円(同41.2%増)で着地したと発表した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 10月25日 16時
しまむらの10月既存店売上高は2カ月ぶりに前年実績を下回る
キッセイが上期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »